2012年03月15日

遺伝的肥満傾向、1日1時間のウォーキングで悪影響を軽減

遺伝的な肥満傾向は座りがちなライフスタイルによって増幅されるが、毎日1時間ほどキビキビと歩けば悪影響を半分に抑えることができる、という研究結果が発表された。
ということ。

遺伝的肥満傾向、1日1時間のウォーキングで悪影響半減 国際ニュース : AFPBB News

一日一時間歩くというのは、
かなりの量だと思う。

それだけやっても、
悪影響を半減できる程度というのは、
遺伝の影響って大きいんだなと思った。
ラベル:ダイエット
posted by もり at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

トマトから脂肪燃焼の新成分発見

血液中の脂肪増加を抑える新成分がトマトに含まれていることを、京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループが発見した。マウスを使った実験で、血液などの中性脂肪量を抑制することが確認された。メタボリック症候群の予防に効果が期待されるという。10日付の米科学誌プロス・ワンで発表した。
ということ。

時事ドットコム:トマト、メタボ予防に効果=脂肪燃焼の新成分発見−京大

河田教授は「人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで(実験のおこなわれたマウスと)同様の効果が得られる」と話している。
ということなので、
トマトジュースが売れそうだなと思いました。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

下剤ダイエットの危険性

女性の間でひそかに行われているといわれる「下剤ダイエット」。下剤を使って排便することで、体重が減ってやせるのだという。下剤はやせるための薬ではない。むやみに下剤を使うことで別の病気になる可能性もあり、専門家は「ダイエット目的で下剤を使うのは絶対やめて」と注意を呼びかけている。
ということ。

絶対ダメ 下剤ダイエット 腸の粘膜に炎症…結果的に肥満にも(産経新聞) - goo ニュース

最近下痢になって、
数日下痢していたら、
体がとてもだるい。

何もやる気がでず、
活動性も低下しているので、
代謝も落ちていることだろうと思う。



ラベル:ダイエット
posted by もり at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

昨年一番効果のあったダイエット法

女性マーケティングのハー・ストーリィが実施したダイエットに関する調査の結果によると、ダイエットに挑戦した女性の2人に1人は、2キロ以上の減量に成功している。効果のあったダイエット法の首位は「ウォーキング」だった。
ということ。

昨年本当に効果のあったダイエット1位は?:日経ウーマンオンライン【トレンド(ライフ)】

「昨年」と限定されていたので、
なんか画期的な方法が昨年生み出されのか?
と、思ったら、
普通に「ウォーキング」だった。

たくさん歩けばやせるのは当然として、
ダイエットのために歩くことを継続するのはそれほど簡単ではないと思う。

ダイエットのためのウォーキングというのではなく、
ウォーキングを趣味にして、
ウォーキングをすること自体が楽しい、
という感覚になるようにするべきだろうと思う。

例えば、
ちょっといいデジカメなんかを買って、
被写体を探して近所をあるいてみるとか、
あるくことが必要な趣味を作ると、
よいのではないか?

ダイエットにつながる趣味を持ち、
趣味のついでにやせる、
副産物ダイエット。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

運動による健康維持に関係するたんぱく質「イリシン」

肥満で糖尿病前症状態の運動をしないマウスにイリシンを注射すると、この蛋白は白色脂肪を、運動のみの場合よりもカロリーを燃焼させる“良い”褐色脂肪に変える遺伝子を活性化した。

また、イリシンは高脂肪食を与えたマウスの耐糖能を改善し、10日間の投与後、マウスの血糖コントロールとインスリンレベルは改善し、糖尿病の発症が予防され、過剰な体重の減少に有用であった。

ということ。

運動が健康的である理由の手がかり得る−マウス研究(2012.1.23掲載)

この物質を摂取できたら、
運動しなくてもいいのだろうか?

人を対象とした臨床研究が待たれるところ。



ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

減量のために胃バンディング術の合併症

減量のために胃バンディング術(gastric banding)を利用する人が増えているが、数年後に生じる合併症に注意する必要があることが報告された。
ということ。

胃バンディング術の増加に伴い合併症も増加(2012.1.5掲載)

胃バンディング術を受けた患者によくみられる合併症はバンドのずれおよび腐食
なのだそうだが、
遅発性の肺合併症は喘息に似た症状を呈することもあるのだということ。

日本ではまだ、
ダイエットのために胃のバンディングをする人は少ないと思うけど、
こういう話が身近になる日が来るのだろうかと思った。



ラベル:ダイエット
posted by もり at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

写真で食事のカロリーを算出、スマートフォン用アプリ「プレートメート」 

現在開発中のスマートフォン(多機能携帯電話)用アプリ「プレートメート(PlateMate)」を使えば、スマートフォンにカロリー計算を代行させることができるようになる。開発中のアプリ「プレートメート」で料理の写真を撮影すると、すぐに料理のカロリー量が返されるという。
ということ。

写真で食事のカロリーを算出、スマートフォン用アプリ「プレートメート」 国際ニュース : AFPBB News

すごい技術のように思えるのだけど、
技術の仕組みは、

料理の写真を「ターカー」と呼ばれる人びとが有償で確認し、それぞれの画像に写った食品の種類や量を推計する。複数のターカーたちの出した結論の平均がスマートフォンに返されるという仕組みだ

ということなので、
結局人力のようだ。

まあ、
使う側が人力であることを感じないようなサービスであれば、
よいのだろうけど。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

金沢大学「腹時計」のメカニズムを解明

金沢大学は10月27日、食欲・食行動を支配する脳内の「腹時計」メカニズムを発見したと発表した。
ということ。

金沢大、食欲・食行動を支配する脳内の「腹時計」メカニズムを発見 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

記事にはメカニズムについていろいろ書かれてるけど、
難しいので、読むのがちょっと大変。

要するに、
腹時計というは脳でコントロールされていて、
いつも食事を食べている時間に食事をしたくなる、
と言うことがいえるのだろう。


記事によると、

研究グループは、今後、腹時計がいかにして食餌によって制御され、いかにして食欲・食行動やさまざまな身体機能を支配しているのかを明らかにし、腹時計を自在に制御する薬剤や方法を開発することで、ヒトの肥満や生活習慣病を予防する新たな手法が発見されることが期待されるとしている。

と言うことなので、
この研究が直接ダイエットに役立つようになるのは、
もう少し先の話なのだろうな。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

うま味に対する感度が低下すると甘味嗜好が強まり、肥満になりやすくなる

うま味に対する感度が低下すると甘味嗜好が強まり、肥満になりやすい可能性がある
ということ。

うま味に対する感度が低下すると肥満になりやすい可能性:日経メディカル オンライン


視力や聴力と同じように、
味覚も加齢とともに衰えていくのだろうから、
歳をとると太りやすくなるというのは、
こういうことも関係しているのかもしれないと思った。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

減量のために胃のバイパス手術を行うと、家族全員にダイエット効果がある

減量のために胃のバイパス手術を行うと、家族全員にダイエット効果がある。こんな研究調査について、米健康情報サイト「HealthDay」が18日に伝えた。
ということです。

減量手術をすると、患者の家族もスリムになる?

人は、
身近な人に影響されやすいということだろうと思います。

自分がなりたいような人と一緒にいるようにすれば、
少しはそのひとに近づける、
ということが、あるのだろうと思います。

自分がやせるために家族の誰かに手術をしてもらうというのは、
ずるいでしょうけど。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

20代・30代の女性、65%「自分は太っている」と思っている

マーケティングリサーチを行うメディアインタラクティブは7月29日、「ダイエットに関する意識調査」を行い、その結果を発表した。
調査方法はWEBアンケート方式。調査対象は全国の20代〜30代の女性、有効回答数は500人、調査実施日は7月26日〜27日。
調査によると、65.8%の女性が自分は太っていると答え、ちょうどいい、もしくは痩せていると答えた人は3割強にとどまった。

ということ。

ASCII.jp:20代・30代の女性、65%が「自分は太っている」

調査資料

http://www.i-research.jp/report/report/r_20110729.pdf

そう思っていてもらった方が、
儲かる業界が沢山あるのだろう。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

3D映像は目と脳を害する

カリフォルニア大学バークリー校の研究チームが、24名の成人に対して実験をした結果、3Dのコンテンツを見ると目と脳を害する、と結論した。
ということ。

知らなかった!: 3Dは目に有害だって

新しいものは、
攻撃の対象にされやすいのでしょうね。

私はまだ3Dの映画を見たことないですが。



ラベル:
posted by もり at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レストランのカロリー表示はいつも正しいとは限らない

アメリカのファミリーレストランなどのメニューに表示されているカロリーはいつも正しいとは限らないとする研究結果が、専門誌『米栄養士会ジャーナル(Journal of the American Dietetic Association)』で発表されたとのこと。

衝撃!食品のカロリーは実際より低く表示されていた!? | ニコニコニュース

アメリカの話ですけど。

日本ではどうなのでしょう?

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

レストランでは大き目のサイズのナイフやフォークを使用すると、食べ過ぎを抑えられる

レストランで食べすぎを避ける1つの方法として、大きなサイズのナイフやフォークを使用するとよいことが新しい研究で示された。
ということ。

ヘルスデージャパン - レストランでは大きなフォークを使うと食事量が減少(2011.7.21掲載)

理由としては、

外食する人は、空腹を満たすという明確な目的をもっているため、メニューの選択や食べること、支払いなどに積極的にエネルギーや手段を費やして目的を達成しようとする傾向がある。満腹したという生理的フィードバック、すなわち充足感を感じるまでにはタイムラグがあるため、食事をする人は視覚的な手掛かりに焦点を当てて目標の達成度を評価しており、フォークの大きさがその手段となるのだという。

と、
書かれていたけど、
分かったような分からないような話だと思った。

日本においては、
外食では大き目の箸をつかうと、
よいのだろうか?

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

ダイエット清涼飲料を飲む人は一日2本以上飲むと、胴囲の増加が6倍に

ダイエット清涼飲料を1日2本以上飲んでいる人は、胴囲の増加が飲まない人の6倍に達していることが報告された。
といこと。

ダイエット清涼飲料の飲みすぎは禁物、胴囲の増加が飲まない人の6倍に:日経メディカル オンライン

記事によると、

「カロリーを減らすためにダイエット炭酸飲料の消費を促すことは、必ずしも賢明な対策とは言いがたい。カロリーはゼロかもしれないが、もたらす結果は期待通りではない」

ということで、
カロリーの少ないはずの飲み物でどうして太るのか、
という理由は良く分からなかったが、
結果はそういうことらしい。

飲み物をダイエット系のものにしたという免罪符で、
他のところでは自分に甘くなるのかも知れない。



ラベル:ダイエット
posted by もり at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

ニコチンが脳内で食欲抑制剤

ニコチンが脳内で食欲抑制剤として働く作用を突き止めたと、米科学者らが9日、発表した。

喫煙者にスリムな人が多い理由、米科学者が特定 国際ニュース : AFPBB News

タバコをやめると太るのは、
こういう理由があるんだな。
posted by もり at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ビデオゲームをする食べ過ぎるらしい

ビデオゲームで遊ぶ子供は、遊ばない子供に比べて、より多くのカロリーを摂取しやすくなる――そんな研究結果が海外で発表され、National Postなど複数のニュースサイトがこれを伝えています。
ということ。

日々是遊戯:ビデオゲームは「食べすぎ」を誘発させる? カナダの研究チームが発見 - ITmedia ガジェット

記事によると、

「ゲームで遊んでいる時、我々はほとんどカロリーを消費せず、しかもより多くの食べ物を摂取するようになります。

ということですが、

これは一概にゲームが「悪」というわけではないのかもしれません。別の研究者は、「こうした影響は、ゲームで遊ぶだけでなく、テレビを見たり、パソコンで仕事をしたりした時にも現れる」と指摘。

ということなので、
ゲームだけが悪いわけでもなさそうです。


ゲームやパソコンに向かっていると、
体はそれほど動いてないのに、
脳はとても活動したような勘違いをしているのかもしれないなと、
思いました。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

猫は炭水化物ダイエット?

猫は炭水化物ダイエット?
という記事

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-110305X424.html

タイトルだけ読むと、
猫のあのスレンダーな体は、
炭水化物ダイエットのせいなのか!
と、
思ってしまうけど、
単に、

猫は炭水化物のでんぷんの消化酵素が少ないほか、ブドウ糖を腸であまり吸収できず、舌で糖類の甘味を感じることもできないとみられることが過去の研究で分かっている。 

ということで、
猫は炭水化物があまり食べられないということなのだな。

炭水化物ダイエットとは、
関係ない。

タイトルの妙。



ラベル:ダイエット
posted by もり at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

ダイエットの目的での喫煙で肺がんが増加 イギリス

ダイエットを目的に喫煙をする女性が多いためか、英国では女性の肺がんによる死亡率が欧州内で最も高いという。「デイリー・メール」紙が伝えている。
ということ。

http://www.japanjournals.com/index.php?option=com_content&view=article&id=151:210eu&catid=37:uk-today&Itemid=96

名前をつけるとしたら、
「喫煙ダイエット」
かな。

確かに、
タバコをやめると太るということはよくいうけど、
タバコを吸っても健康的にやせることは、
難しいだろうと思う。




ラベル:ダイエット
posted by もり at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

動物性脂肪は満腹感を感じにくくさせる

◎高脂肪の食物は、身体の食欲を抑えるメカニズムを狂わしてしまう場合があることが、明らかになりました。

ということ。

http://www.rda.co.jp/topics/topics4407.html


記事によると、

胃管を通して与えた(動物性脂肪に多く含まれる)パルミチン酸は、視床下部のレプチンとインスリンの信号の作用を阻害する物質を、視床下部の細胞膜に増加させて、その作用を明確に減少させた。

オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸には、この作用はなかった。

動物の実験では、このパルミチン酸の効果は 3 日間も続いた。


ということで、
動物性脂肪をたくさん取ると太りやすくなる原因は、
カロリー過多になる、
という点もさることながら、
満腹感を感じにくくなる、
ということにもあるようだ。


長期的にこれは、
二型糖尿病の発生とも関係しているのかもしれないと、
ちょっと思った。

ラベル:ダイエット
posted by もり at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。