2012年12月12日

食べる順番ダイエット

最近、“食べる順番ダイエット”というものが話題になっていますね。毎年毎年、新しいダイエット方法が流行しては消えていきます。
果たして、この“食べる順番ダイエット”は効果があるのでしょうか……?

という記事。

<食べる順番ダイエット>効果があるのか? (毎日キレイ) - Yahoo!ニュース

記事より、
ポイントの部分だけ抜粋。

“食べる順番ダイエット”では、1.食物繊維を初めに食べ、2.次にスープ類、3.次にたんぱく質、4.最後に炭水化物を食べる−−と紹介されていました。
これは、GI値の低い食物繊維から食べ始め、GI値の高い炭水化物を最後に食べることによって血糖値の上昇をゆるやかにしているのです。
つまり、低インスリンダイエットにほかなりません。低インスリンダイエットは、糖尿病の治療にも有効な食事法で、減量にも有効です。


しかし、

ただし、“食べる順番ダイエット”では「カロリーは全く気にせず食べてよい!」と紹介されることがあるようです。
残念ながらこの最後の言葉をうのみにしてしまうと、台なしになってしまいます。このダイエット方法は、確かに「太りにくく、やせやすい食事方法」です。しかし、カロリーを全く気にせず食べてよいなんてことは決してありません。


ということでもあるようです。

要するに、
昔からあるダイエット方法を、
名前を変えて再登場させているだけですが、
一部内容が捻じ曲げられている。


ただ、
食べる順番というのは食欲にも関係してくると思うので、
食べる順番を変えると食欲がセーブできて、結果的に食べる量を減らせる、
ということはあるのだろうなと思います。

たとえば、
すごくお腹がすいているときには、
チョコレートなどをほんの少し食べて30分くらい待っていると、
空腹感が和らぎます。

こうしておいてから食事をすれば、
ドカ食いの予防ができると思います。

低インシュリンダイエットとは逆の方法ですが。



posted by もり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。