2012年03月15日

遺伝的肥満傾向、1日1時間のウォーキングで悪影響を軽減

遺伝的な肥満傾向は座りがちなライフスタイルによって増幅されるが、毎日1時間ほどキビキビと歩けば悪影響を半分に抑えることができる、という研究結果が発表された。
ということ。

遺伝的肥満傾向、1日1時間のウォーキングで悪影響半減 国際ニュース : AFPBB News

一日一時間歩くというのは、
かなりの量だと思う。

それだけやっても、
悪影響を半減できる程度というのは、
遺伝の影響って大きいんだなと思った。
ラベル:ダイエット
posted by もり at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。